人間心理をよく知っている

コミュニケーション能力の高い人に共通しているのは、
人へのフォーカス、コミュニケーションを形にするために
最低限必要な基本のスキル、日々の経験をあげられます。

しかし、これだけでいいのでしょうか?

実は、とても大切なことがあります。
それが「人間心理の理解です」

人間心理の理解は非常に大切です。

例えば、

・人の気持ちがどんな時に、どのように動くのか?
・人の気持ちを決定的に動機透ける要素は何か?
・人間の反応の基本的パターンを知る

どれも絶対視して、全ての方に当てはめるものではありません。
しかし、とても重要な認識出ることは間違いのない事実です。

例えば、コミュニケーション講座では、
人の心の動き、動機付けに関して、次のように教えてくれます。

「人は不快を避けて、快楽を得る」という方向へ向かいます。

つまり、人は痛みや不快から避けることへ心を動かし、
動機づけられるという人間の基本的な心理を教えてくれます。
無意識にこの心理は働きます。

また、快楽を得る方へも人の心は動きます。
例えば、何かを得るということっですが、
その人にとって価値のあるものを得られるのなら、
人は真剣に動き、強く動機づけられます。

また、コミュニケーション講座で教わる、
「人は不快を避けて、快楽を得る」ですが、
時に人は、痛みを避けることが快楽につながります。

ですので、相手の価値観や状況、背景を大切にして、
相手の心や気持ちにフォーカスしたコミュニケーションを
取ることが重要になります。

こういうことを知るだけでも、相手にとって、
その場その時で最適な関わり方を取れると思いませんか?

コミュニケーション講座では、このような人間心理や、
人の心の動きの原理原則を学べます。

人間心理や人の心の動きの認識は、
私達にコミュニケーションの幅や質を高めてくれ、
あなた自身や相手を豊かにしてくれます。
そして何よりも、人間関係を育む最高の先生となります。

相手が喜ぶことを常に考えている

コミュニケーションが上手な人とそうでない人の
違いは何でしょうか?

実は、違いを生み出しているものは目に見えないとしたら?
何をもって、コミュニケーションが上手というかにもよりますが、
人の心をつかむ、惹きつける、信頼関係を築くことが
上手な人にはある共通点があります。

それがフォーカス出す。

コミュニケーション講座に参加すると、数々のスキルを
教わります。スキルは大切です。

コミュニケーションスキルがあることで、あなたは
コミュニケーションを形にすることができます。

信頼関係を築く、楽しく会話をする、相手の話を理解する、
あなたの気持ちや考えを伝える。

これらはコミュニケーションの結果、出てきた形です。
これは、コミュニケーションスキルを使うことで、
意図して結果をだしやすくなります。

しかし、コミュニケーションが上手な人とのもっとも
大きな違いではないんですね。

先程も触れましたが、もっとも大きな違いを生み出すのは、
「フォーカス」です。

あなたが、コミュニケーションを通じて、

・相手に何を提供したいのか?
・どんな気持ちになってもらいたいのか?

ここを見ているか見ていないかで、
相手の反応も、コミュニケーションの結果も違います。

そしてさらに、

・何をすると相手が喜ぶか?
・どうすると相手が安心するか?
・相手の心を満たすにはどうしたらいいか?

このようにフォーカスしていれば、フォーカスしていない時と
比べて、あなたのコミュニケーションの取り方や関わり方が
変わると思いませんか?

コミュニケーション講座でも教えてくれる大事な部分ですが、
意外と素通りしてしまうこと、スキルに集中して忘れてしまうことも
少なくありません。

是非、相手の気持ちや反応へフォーカスして、
あなたと相手にとって最適なコミュニケーションを
楽しんで下さい。

プラスアルファの一言が心地よさを作る

コミュニケーション能力が高い人に共通しているのは、プラスアルファの一言です。

いろいろなシーンでプラスアルファの一言が使えます。
状況に応じて、一言の内容や伝え方は変わりますが、
ささやかな、ほんの一言を添えるだけで相手の反応が変わります。

そして、ほんの一言をささやかに付け加えることで、相手の気持ちを変えることができます。
・帰りがけ、挨拶の後にお気をつけて、あるいはまた会いましょうという、
 ささやかな言葉が加わるだけで、心の会話をしたような気持ちになる。

・コミュニケーションの中で自分がはした話に対して、受け止めてくれて、
 ◯◯なんだね~のような言葉の後に、共感の一言や、
 質問の一言を加える事で、話がもりあがる。

というご経験はあなたにもあるかもしれません。
そして、今はプラス一言ができていないとしても、身につけることができます。

具体的には、

ただ単純に、相手が喜びそうな言葉をかけるだけです。
喜びそうといっても、大げさなことではなく、ささやかでも喜びそうなことです。

例えば、コミュニケーション講座やNLP講座では、
自己重要感を満たすという言葉があります。

「いつも元気ですね」「笑顔が素敵ですね」「感謝しています」
あるいは、「その服かわいいね」「髪型変えた?」
でもいいです。

あなたが発する、プラスアルファのほんの少しのささやかな一言、
それがコミュニケーションをより豊かでで円滑なものにしてくれます。

それが、コミュニケーション講座やNLP講座で身につけたスキルを
より効果的に遣うためのコツでもあります。

このように、コミュニケーションが高い人達には、
プラスアルファの一言を発する、相手に喜んで頂きたいという共通項があります。

あなたの笑顔が、相手やあなた自身を包み込む

コミュニケーション能力の高い人は表情が豊かです。

例えば、笑顔です。
人は笑顔の人を目の前にすると、自分も笑顔になります。
笑顔になると、気持ちが変わります。
気持ちが変わった瞬間に、コミュニケーションのとり方が変わります。

特に、
・笑顔にしてくれる相手に対して、好意的にコミュニケーションを取ることができます。
・笑顔の人に対して、警戒心が緩み、安心感を感じ始めます。
・笑顔になることで話しかけやすくなりますので、仲良くなりやすい。

という経験はあなたにもあるかもしれません。
そして、笑顔は誰でも作ることができ、だんだんと自然になります。

具体的には、

日常的に口角を上げる練習をしたり、口角を上げる意識をします。
不思議なもので、口角を上げていると口元だけでなく、
顔全体の表情が変わり始めます。

そして、心の中にも前向きで軽やかになるというような変化があります。
コミュニケーション講座やNLP講座では、コミュニケーションのスキルを学びますが、
これらのコミュニケーションスキルは、あなたがどんな表情で人と関わるかで、
より効果的になることもあれば、本来の効果を出せないこともあります。

ですので、コミュニケーション能力を高めたいということであれば、
コミュニケーション講座やNLP講座でスキル学ぶこともさることながら、
笑顔であることを心がけるのがベストです。

このように、コミュニケーション能力が高い人達には、
表情の豊かさという共通項があります。

笑うことでコミュニケーションが円滑に好意的なものに

コミュニケーション能力が高い人に共通しているのは、笑いです。

大きな声で笑うとか、相手を常に笑わせようという話ではありません。
もちろん、相手に合わせて意図的に笑わす方はすごいですが、
ここでお話する笑いとは、要所要所での笑いのことです。

人は笑った瞬間に、心の中の切り替えが起きます。
・初対面の人とのコミュニケーションで、笑いとともに警戒心が吹き飛び打ち解けた。
・相手に対して起こっていたのに、笑いとともに吹き飛んで話をしていた。

という経験は、あなたにもあるかもしれません。
どんなに笑うのは苦手だ、得意ではないというかたでも、
実は、コミュニケーションで笑って打ち解けること、場を和ませることは可能です。

具体的には、

最初は面白くなくても形だけ笑ってみます。
家で練習してもいいですし、コミュニケーションの中で試すこともできます。
大切なのは、上手く笑うことや、愉しそうに笑うことでなく、
笑うという行為を形にすることです。

NLP講座では心と身体はつながっていると教えてくれますが、
この場合は単純に当てはまります。笑うという愉しい行動を取ることで、
自然と気持ちも愉しくなります。

笑うことで相手と一気に打ち解けやすくなり、場を和ませ、
コミュニケーションを取りやすい雰囲気ができますので、
最初はぎこちなく、笑うことが怖いとしても、ささやかながらでも試しましょう。

NLP講座が教えてくれるように、心と体のつながりを意識することです。
すると、いつでもあなた自身や相手が、心地よく愉しい雰囲気で、
コミュニケーションを取れるようになります。

このように、コミュニケーション能力が高い人達には、
コミュニケーションの中で笑うことができるという共通項があります。

実践するために必要なこと

コミュニケーション講座に参加するときのポイントについて
前回の続きについてご初回していきます。

1、スキル
2、理屈

については、前回お話しましたので、
今回は、3番と4番についてご紹介していきます。

3、プロの使っている雰囲気
4、コミュニケーション講座での実践

についてです。

では、3番目の「プロの使っている雰囲気」について

プロの行なっているコミュニケーションの雰囲気をしっかりと
見て、聞いて、感じておきます。

NLPセミナーやコミュニケーション講座などでは、
コミュニケーションスキルとしていくつか教わるのですが、
例えば、傾聴を使っている雰囲気を取り上げるとしたら、
傾聴についてのデモンストレーションを見て・聞いて・感じます。

そこで受け取ったものは、基本をしっかりと実践していく際に有効です。
また、コミュニケーションに慣れてきたらバリエーションの一つとして
プロの使っている雰囲気を使うことができます。

4番目のコミュニケーション講座での実践につてですが、
NLPセミナーもコミュニケーション講座も安全な場です。
同じ内容を真剣に学びたいという人達の集まりですので、
安心して失敗もしながら実践することができます。

失敗や成功から学ぶこと、実践することで得ることのできる感覚と疑問。
これらを元に、コミュニケーション講座で質問したり、改善したりして
レベルアップすることができます。

また、最初の一回の実践を行うかどうかの違い、
最初の数回の実践を行ったかどうかの違いが体験としてとても大きいです。
ですので日常で使う前に、コミュニケーション講座などの安全な場で実践(練習)することが
とても意味のあることなのです。

コミュニケーション講座で最大限学ぶ方法

コミュニケーション講座に参加する際のポイントをご紹介します。

まずは、目的にあったコミュニケーション講座を探すことが課題ですが、
その次に大切なのは、コミュニケーション講座の最中です。

何を目的にして、どこに着目してコミュニケーション講座に参加するのか。
実は、この部分が非常に大切です。

結論から申し上げますと、下記の4点が非常に大切です。

1、スキル
2、理屈
3、プロの使っている雰囲気
4、コミュニケーション講座での実践

実は、このようにコミュニケーション講座でしっかりと学ぶことを
考えた時に4つのポイントが存在しています。

では、4つについてご紹介していきます。

1、スキル

そのままですが、スキルに着目する際は、
・ポイントとやってはいけない注意点、
・手順
をしっかりと学び、家に帰ってもテキストやメモを見たら、
すぐに使えるくらいに明確に学びます。

2、理屈

どうして、そうすることが大切なのか?
成功t例、失敗例ともに、どうしてうまくいくのか、
どうして上手くいかないのかを明確にします。

そこには、人が存在しているコミュニケーションである以上、
人の感情が存在しています。人の感情が動くtぽいうことは、
心理的な動きと、動く理由が存在しています。

それをコミュニケーション講座で学ぶことで、
実践しやすくなり、反省と改善にも役立ちます。

何よりも、意識的に行う実践は、とても価値があります。

長くなりましたので、
3番と4番に関しては、次回にお伝えします。

事例からコミュニケーションを学ぶ

自分以外の人達の実践の事例を学ぶ

コミュニケーション講座に参加すると、主催する会社にもよりますが、
参加している方がは、割合女性のほうが多いことも多々あります。

そして、ビジネスマンだけでなく、主婦の方、
出産後にもうすぐ会社復帰という方もいらっしゃいます。
お伝えしたいのは、色々な方がコミュニケーション講座に
参加しているということです。

実は、いろいろな人がコミュニケーション講座に参加しているところから、
私たちは学ぶことができます。何かといいますと、お互いに体験や経験の
違うもの同士が一緒に学ぶ時に、気づけることが多々あります。

そして、今回のテーマでもありますが、事例をたくさん知ることができます。
そして、事例を知り、事例から学ぶことが重要です。

どのように考えて、そのようなコミュニケーションを取ったのか?
相手の反応は、どのように生み出されたのか?

と考えながら、コミュニケーション講座で学ぶ基本を振り返ることができます。
また、相手が行動する、反応する、感情的になるということは、
そこにそうなる理由があったから考えると、何がそうさせたのか?
自分のコミュニケーションのどこに反省点があったのかを知ることができます。

このように、考える材料としての事例を集めることや、
事例を通して、学びを深めることができる点から、
様々な事例に目を向けることが重要になります。

コミュニケーション講座ではそういった事例を集める場としても
活用することもでききます。

どんな時に、どう考えているのかを学ぶ

もしもあなたが、
コミュニケーション能力を高めたいとお考えでしたら、
プロフェッショナルに学ぶのが一番です。

ここでいうプロフェッショナルとは、
その道のプロであり、研究と実践を繰り返している人のことです。
もちろん、結果を出しているのが前提です。

NLP心理学でも教わりますが、
あなたが何かの分野で結果を出したいとお考えでしたら、
その分野で結果を出している人に学ぶのが一番です。

なぜならば、結果を出すには理由があるからです。
その理由を学んでいくのが、本当の学習です。

・どんな時に、どう考えて、行動したのか?
・その行動をしている時、どのように考えたのか?

この2点は非常に大切です。

コミュニケーション講座でも学べない内容を知ることもできます。
なぜならば、コミュニケーションを学びたいとして、
コミュニケーションに関するプロに会って学ぶなら、
詳しく話を聞くことも、質問して深く掘り下げることも出来ます。

すると、基本的な考え方を学ぶことができます。
その結果、どうすると結果が出るかをわかりますので、
いろいろな場面で工夫してコミュニケーションを取れます。

しかし、形だけを真似していると、
どうして、そうするのがいいのかが分かりませんので、
上手くいかない時に、反省も改善も出来ません。

ですので、コミュニケーション能力を高めるためには、
講座などで基本を学びつつも、プロフェッショナルが
結果を出している理由を深く・詳しく聞くのがベストです。

会話の深掘りを学ぶ

営業やビジネス上でのコミュニケーションでは、
相手の会話を深掘りするのは当たり前です。

しかし、会話の深掘りについて学べる機会はそんなに多くはありません。
では、どのように学ぶことが出来るのでしょうか?

ということの前に、実は知っておくべきことがあります。
それは、会話の深掘りをするとどうなるか?ということも
大切ですが、どうして会話の深堀りが重要なのかが、もっとも大切です。

では、どうして会話の深堀が重要なのかを見ていきます。

それは、

・相手の本音を知ることが出来る
・相手との心の距離を縮めることができる
・相手の価値感や信念を知ることが出来る

などです。

上記の3つが答えやヒントになっていますが、それができることで、
人間関係を築くことが、今までよりも、早く・楽しくできるようになります。

では、会話の深掘りについてお伝えしていきます。
コミュニケーション講座でも学ぶことのできるスキルになります。

あとは、実践が重要になります。

そして、会話の深掘りをするときのコツは、
相手に質問をすることです。

相手の話へ質問をして、深く掘り下げていきます。

・どんな時に、何を考えたか?
・感情的にはどう思ったか?

などです。

そして、相手の方が話しているテーマにつて掘り下げます。
その為に、必要なコミュニケーションスキルは、基本的な
コミュニケーションを学ぶことのできるコミュニケーション講座などで
学ぶことができます。

あとは、ペーシングで調和をとれていれば、
深掘りをしやすくなります。

次ページへ »